退職した人のNG行為は?会社に迷惑をかける10のNG行為をチェック!

未分類

退職した人のNG行為は?

  1. 退職届を提出せずに突然姿を消す
  2. 会社の機密情報を持ち出す
  3. 退職前に同僚や上司に暴言を吐く
  4. 会社の財産を勝手に持ち帰る
  5. 退職後もしつこく連絡をしてくる
  6. 退職理由をでっち上げる
  7. 退職前に長期休暇を取る
  8. 会社の評判を悪くする噂を広める
  9. 退職金をだまし取る
  10. 退職後も社内の情報を漏らす
    1. 1. 仕事を放棄する
    2. 2. 悪口を言う
    3. 3. 業務の機密情報を漏らす
    4. 4. 会社の財産を持ち帰る
    5. 5. 連絡先を教えない
    6. 6. 退職理由を嘘で誤魔化す
    7. 7. 退職金を不正に受け取る
    8. 8. 退職後も会社の名前を利用する
    9. 9. 会社の評判を傷つける
    10. 10. 後任者や同僚に対するサポートを怠る
    11. 1. 退職の際に避けるべき行動とは?
      1. 1-1. 突然の姿消し:退職届を提出せずに姿を消す
      2. 1-2. 機密情報の持ち出し:会社の機密情報を持ち出す
    12. 2. 人間関係に影響を及ぼすNG行為
      1. 2-1. 暴言の吐き方:退職前に同僚や上司に暴言を吐く
      2. 2-2. 退職後の連絡:退職後もしつこく連絡をしてくる
    13. 3. 会社の財産や評判に影響を及ぼすNG行為
      1. 3-1. 会社の財産の持ち帰り:会社の財産を勝手に持ち帰る
      2. 3-2. 会社の評判を悪くする噂の広め方:会社の評判を悪くする噂を広める
    14. 4. 退職理由や退職金に関するNG行為
      1. 4-1. 退職理由のでっち上げ:退職理由をでっち上げる
      2. 4-2. 退職金のだまし取り:退職金をだまし取る
    15. 5-1. 社内情報の漏洩:退職後も社内の情報を漏らす
    16. 5-2. 長期休暇の取り方:退職前に長期休暇を取る
    17. 1. 突然の退職
    18. 2. 引継ぎ不備
    19. 3. 態度の急変
    20. 4. 業務のサボり
    21. 5. 会社の機密情報の持ち出し
    22. 6. 退職祝いの無視
    23. 7. 退職後の連絡拒否
    24. 8. 会社の評判を傷つける行為
    25. 9. 退職金の不正請求
    26. 10. 後任者や同僚へのサポート不足

    1. 仕事を放棄する

退職したからといって、仕事を放棄するのはNGです!自分の仕事をきちんと終わらせることが、周囲への最低限の敬意です。例えば、最後の日に急に仕事を放り投げてしまうと、後任者や同僚に迷惑がかかってしまいます。

2. 悪口を言う

会社を辞めるからといって、会社や同僚の悪口を言うのはやめましょう。これは、あなたの人間性を問われる行為です。退職後も、良い関係を築いていくためには、悪口はNGです。

3. 業務の機密情報を漏らす

会社の業務の機密情報を退職後に漏らすのは、法律違反になる可能性があります。例えば、競合他社に情報を漏らしてしまうと、会社に大きな損害を与えてしまいます。機密情報はしっかり守りましょう。

4. 会社の財産を持ち帰る

会社の財産を勝手に持ち帰るのはNG行為です。例えば、文房具やパソコンなど、会社の所有物を持ち帰ってしまうと、盗難として処罰される可能性があります。会社の財産は会社に返すようにしましょう。

5. 連絡先を教えない

退職後も、会社や元同僚との連絡を取りたい場合があります。その際、連絡先を教えないのはNGです。連絡先を教えることで、今後のコミュニケーションがスムーズになります。

6. 退職理由を嘘で誤魔化す

退職理由を嘘で誤魔化すのはNGです。例えば、健康上の理由や家庭の事情など、本当の理由を隠してしまうと、信頼を失う可能性があります。素直に本当の理由を伝えることが大切です。

7. 退職金を不正に受け取る

退職金を不正に受け取るのはNG行為です。会社の規定に基づいて、正当な手続きで退職金を受け取るようにしましょう。不正な手段で受け取ると、法的トラブルに発展する可能性があります。

8. 退職後も会社の名前を利用する

退職後も、会社の名前を勝手に利用するのはNGです。例えば、SNSやブログで会社名を使って自分をアピールする行為は、会社のイメージを損なう可能性があります。会社名の使用は慎重にしましょう。

9. 会社の評判を傷つける

退職後も、会社の評判を傷つける行為はNGです。例えば、SNS上で会社の悪口を書くなど、会社のイメージを悪化させる行為は避けましょう。会社に貢献した思い出を大切にしましょう。

10. 後任者や同僚に対するサポートを怠る

退職後も、後任者や同僚に対するサポートを怠るのはNGです。例えば、引継ぎ資料を作らずに去ると、後任者や同僚が困ることがあります。最後まで責任を持って仕事を終えることが大切です。

1. 退職の際に避けるべき行動とは?

退職するとき、気をつけなければいけないNG行為がありますよね。例えば、突然の姿消しをするのは絶対にNGです!退職届を提出せずに、いきなり会社を辞めてしまうと、周囲の人たちに迷惑がかかってしまいます。せっかくお世話になった会社なので、最後まできちんと挨拶をして、感謝の気持ちを伝えることが大切です。

1-1. 突然の姿消し:退職届を提出せずに姿を消す

ある日突然、会社に来なくなってしまう…これは絶対にNGです!退職するときは、きちんと退職届を提出してから、最後の日までしっかりと仕事をこなしましょう。周囲の人たちにも挨拶をして、感謝の気持ちを伝えることが大切です。突然の姿消しは、信頼を失うだけでなく、会社にも迷惑をかけてしまいます。

1-2. 機密情報の持ち出し:会社の機密情報を持ち出す

退職するときに、会社の機密情報を持ち出すのは絶対にNGです!会社の情報は会社の財産であり、他人に漏らしてはいけません。機密情報を持ち出すことで、会社の信頼を失うだけでなく、法的トラブルにも発展する可能性があります。退職するときは、会社のルールを守り、機密情報を持ち出さないように気をつけましょう。

2. 人間関係に影響を及ぼすNG行為

人間関係って大切ですよね。特に退職した後も、同僚や上司との関係を大事にしたいものです。でも、中にはNG行為をしてしまう人もいるんです。それが、暴言の吐き方や退職後のしつこい連絡です。

2-1. 暴言の吐き方:退職前に同僚や上司に暴言を吐く

退職前にイライラしていると、ついつい暴言を吐いてしまうこともありますよね。でも、それが人間関係に悪影響を及ぼすこともあるんです。例えば、同僚に対して「お前なんか要らない!」とか、上司に対して「この会社は最悪だ!」とか言ってしまうと、その人たちとの関係が壊れてしまうかもしれません。感情を抑えて、冷静にコミュニケーションを取ることが大切です。

2-2. 退職後の連絡:退職後もしつこく連絡をしてくる

退職した後も、元同僚や上司とのつながりを大事にしたい気持ちはわかります。でも、退職後もしつこく連絡をしてくるのはNG行為です。例えば、毎日のようにメールや電話をしてくると、相手も困ってしまうかもしれません。適度な距離感を保ちつつ、たまに連絡を取る程度に留めておくと良いでしょう。

人間関係は大切なもの。退職した後も、良好な関係を築くためには、上記のNG行為を避けるようにしましょうね。気持ちよく新たなスタートを切るためにも、人間関係を大切にしていきましょう!

3. 会社の財産や評判に影響を及ぼすNG行為

退職した後も、会社の財産や評判に影響を及ぼすNG行為は避けたいですよね。ここでは、その具体的な例をご紹介します。

3-1. 会社の財産の持ち帰り:会社の財産を勝手に持ち帰る

退職する際に、ついつい会社の財産を持ち帰ってしまうことはNGです。例えば、オフィス用品や機器、文書など、会社の所有物は会社のものであり、持ち帰ることは盗みと同じです。退職後は、きちんと会社に返却するようにしましょう。

3-2. 会社の評判を悪くする噂の広め方:会社の評判を悪くする噂を広める

退職した後に、会社の評判を悪くする噂を広めるのもNG行為です。例えば、SNSや口コミサイトで会社の悪い面を書き込むことは、会社のイメージを傷つけるだけでなく、自分の信用も失う可能性があります。退職後も、会社や元同僚に対して敬意を持ち、建設的なコミュニケーションを心がけましょう。

4. 退職理由や退職金に関するNG行為

4-1. 退職理由のでっち上げ:退職理由をでっち上げる

退職理由をでっち上げるのは、会社や同僚に対して不誠実な行為です。例えば、「家庭の事情がある」と言って実は他の会社に転職していたり、健康上の理由を偽っていたりするのはNGです。退職理由は真実を伝えることが大切です。もし本当の理由を言いづらい場合は、簡潔に説明するだけでも良いですよ。

4-2. 退職金のだまし取り:退職金をだまし取る

退職金は、長い間働いた結果得られる大切な報酬です。しかし、中には退職金をだまし取ろうとする人もいます。例えば、本来支給されるべき金額よりも多くを要求したり、偽の書類を提出して不正に支給を受けようとするのは絶対にやめましょう。正当な退職金を受け取るためには、正直であることが重要です。

5-1. 社内情報の漏洩:退職後も社内の情報を漏らす

退職した後も、社内の機密情報を漏らしてしまうのはNG行為です!例えば、SNSで社内のプロジェクトの進捗状況や新商品の情報を投稿してしまうと、会社にとって大きな問題になります。退職したら、会社の情報はしっかり守るようにしましょう。

5-2. 長期休暇の取り方:退職前に長期休暇を取る

退職前に長期休暇を取ることもNG行為の一つです。例えば、退職の意思を伝えた後に急に1ヶ月の長期休暇を取ると、残されたチームや上司に迷惑がかかってしまいます。退職前には、周囲の人にも配慮してスムーズに退職手続きを進めましょう。

1. 突然の退職

突然の退職は会社にとっても驚きで、業務の引継ぎや人員配置にも大きな影響を与えます。例えば、急な退職で担当していたプロジェクトが滞ってしまったり、後任者の育成が追いつかなくなる可能性があります。

2. 引継ぎ不備

退職する際に、業務の引継ぎをきちんと行わないと、後任者や同僚が困ることがあります。例えば、パスワードや重要なファイルの共有を忘れたり、業務の進行状況や顧客情報を伝えなかったりすると、会社全体に影響が出るかもしれません。

3. 態度の急変

退職を決めたからといって、急に態度が悪くなるのはNGです。例えば、以前は協力的だったのに、退職が決まると急に無責任な態度を取ると、周囲の信頼を失うことになりかねません。

4. 業務のサボり

退職が決まったからといって、業務をサボるのはNGです。例えば、残りの期間をフルで働かずにサボってしまうと、周囲の同僚や後任者に迷惑をかけることになります。

5. 会社の機密情報の持ち出し

会社の機密情報を持ち出すことは絶対にNGです。例えば、顧客リストや製品開発の情報などを勝手に持ち帰ると、会社の信頼を失い、法的なトラブルにも発展しかねません。

6. 退職祝いの無視

退職する際に、同僚や上司からの退職祝いやお礼を無視するのは失礼です。例えば、感謝の気持ちを伝える手紙やプレゼントを受け取らないと、周囲の人々に対する感謝の気持ちが伝わらないかもしれません。

7. 退職後の連絡拒否

退職後も、会社からの連絡や問い合わせに対して無視するのはNGです。例えば、後任者からの業務に関する質問や、会社からのアンケートに対しても、丁寧に対応することが大切です。

8. 会社の評判を傷つける行為

退職後に、会社や同僚の評判を傷つけるような行為は避けましょう。例えば、SNS上で会社や同僚を批判する投稿をすると、信頼を失い、今後の人間関係にも影響が出る可能性があります。

9. 退職金の不正請求

退職金を不正に請求するのは絶対にNGです。例えば、実際に働いていないのに退職金を受け取るなどの行為は、法的な問題に発展する可能性があります。

10. 後任者や同僚へのサポート不足

退職後も、後任者や同僚に対してサポートを惜しまないことが大切です。例えば、退職前にできる限り業務の手助けやアドバイスを行うことで、円滑な業務移行ができるようになります。

タイトルとURLをコピーしました